さくらいろ・別館 (ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★

viva NEWSer (★ ̄∀ ̄★)!!!
<< 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2008 10.12Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2006 10.02Monday
秋桜:コスモス★
cosmos


秋ですねー。。猫2朝晩は、もう、寒いくらいですがーゆき

秋の花といえば、秋桜(コスモス)。毎日チャリンコで通るコスモス畑があります。通るたびに「秋やねぇ。。」ってかわいい

コスモスといえば、ピンク・白などがポピュラーですが!コスモスにもたっくさん品種がありまして。。全部で30品種ほどあるようです。原産は、意外にもメキシコ!熱帯アメリカ地域を中心に分布しているようですね。日本にはピンク・白系、キバナコスモス系の一年草とチョコレートコスモスという多年草のものがあります。

そのコスモス畑には、キバナコスモスもたくさん咲いてるんですが!!オレンジやイエローといった元気の出るコスモス畑なんです。ピンク・白系だとなんだかはかない感じのするコスモスなんですが。。猫2

ピンク系は一般に切花で出回ってるのは「ピコティ」、その辺に咲いてるのは「センセーション」という品種です。花屋時代、びっくりしたのは「ベルサイユ」。直径10cm〜12cmの超ビッグサイズ!他にも、「サイケ」っていう八重咲きのものや、「シーシェル」っていう花びらが筒状になっているものなど。。玄人受けするのが、「イエローガーデン」「イエローキャンバス」「オレンジキャンバス」などのパステルイエロー・オレンジ系。30本くらいの花束にすると、ほんとにかわいいんですよラッキーキバナコスモスは「サニーゴールド」や「サンセット」など、結構、濃い色のオレンジ・イエローのコスモス。そして、一番、衝撃的だったのは「チョコレートコスモス」ですね。名前のとおり、チョコレート色のコスモスです。しかも!!ほんのーりチョコレートの匂いがするというイヒヒチョコレートのにおいのする花は他にもあって、『オンシジューム』という蘭の仲間で「シェリーベイビー」という品種。この「チョコレートコスモス」は1輪挿しにしてもかわいいです。束にすると、色が濃いので他のコスモスと違うかわいさがあって。。揺れるハートただ、ちょっと弱いみたいですが。。ギザギザ

コスモスを見ると、山口百恵さんの「秋桜」思い出しますね。。るんるん作詞・作曲はさだまさしさんです。私は結婚していないので本当の気持ちはわかりませんが、適齢期はとっくに過ぎておりますので、母もこの歌に出てくるお母さんと同年代なわけで。。涙なくしては聞けない1曲のうちのひとつですね。。ポロリ(メロディを聞きたい方はコチラ

1 薄紅の秋桜(コスモス)が 秋の日の
  何気ない陽溜まりに 揺れている
  この頃涙もろくなった 母が
  庭先で 一つ咳をする
  縁側でアルバムを 開いては
  私の幼い日の 思い出を
  何度も同じ話 繰り返す
  独り言みたいに 小さな声で
  こんな小春日和の 穏やかな日は
  貴方の優しさが しみてくる
  明日(あした)嫁ぐ私に 苦労はしても
  笑い話に 時が変えるよ
  心配いらないと 笑った
2 あれこれと思い出を たどったら
  いつの日も一人では なかったと
  今更ながら我ままな 私に
  唇 噛んでいます
  明日への荷造りに 手を借りて
  しばらくは楽しげに いたけれど
  突然涙こぼし 元気でと
  何度も何度も 繰り返す母
  ありがとうの言葉を かみしめながら
  生きてみます 私なりに
  こんな小春日和の 穏やかな日は
  もう少し あなたの子供で
  いさせて下さい



| flowers | 19:02 | comments(6) | trackbacks(0)
2006 07.03Monday
薔薇−Leonidas(レオニダス)
leonidasteddybear

昨日の今日ですが、私の大好きな薔薇の話をします(●^o^●)


今からちょうど9年前の春、私は「花屋さん」で働き始めました。
それまで、花なんて、バラとかチューリップとか名前しか知りませんでした。もちろん、バラに2万品種もあるなんて、全く知りませんでした(^_^;)

しかし、「花屋さん」で働く以上、花の名前と品種はある程度は把握していなければなりません。最初は見たことのない花ばかりで、正直、泣きそうになりました。。店に入ってくる花だけでも、毎週50種類くらいはあるでしょうか。一つ一つ教えてもらいながら、少しずつ覚えていきました。覚えだすと楽しい!知らない品種のものや、新品種などが店に入ってくるたびに、驚きと発見がありました!!

薔薇、は本当に魅力的です。やはり、最大の魅力は幾重にも重なっている花びらでしょうか。。品種によって、花びらの質感、うねり具合、重なり方は微妙に違います。つぼみの形も違いますし、開き方も違います。ちょうど良く開いていると、本当に美しいのに開いてしまうとがっかりするものもありますね。。


そんな魅力いっぱいの薔薇ですが、私のココロを虜にしたのは『Leonidas(レオニダス)』という品種です。ほかのどの品種より大好きです!これは1輪咲きですが、枝咲きのものは「スプレーバラ」といいます。スプレータイプでは、『テディベア』が一番好きですね。『レオニダス』は大人っぽい感じ、『テディベア』はなんともかわいらしい。

『レオニダス』の花びらは、表はチョコレート色、裏はクリーム色で、何ともいえないコントラストです。気温が低いと見事にチョコレート色を発色するようです。名前の由来は、その「チョコレート色」からベルギーのチョコレート会社「レオニダス」の名が付けられました。「レオニダス」そのものは何かというと、古代ギリシャのスパルタ王のことです。チョコレート会社の「レオニダス」のロゴにもスパルタ王「レオニダス」が用いられています。花は割と大きいものが付きます。カップのように丸くなり真ん中が開く感じで咲きます。完全に開いてしまうと魅力は半減。7分咲きくらいが一番きれいなんじゃないかと思います。

『テディベア』の花びらは、テラコッタ(素焼き)色です。実物を見ていただければ分かりますが、この花色が本当にかわいらしいのです。花びらの数は割と多めで、50枚近くあります。そのため、開いてしまうとこれまた魅力が半減。。開きかけが一番かわいいのです!

私の働いていたお店では、スタッフの誕生日に、スタッフ一同でその人が好きな花を花束にしてお祝いしていました。働き始めて半年たった、22歳の誕生日に私はレオニダス22本で作った花束をいただきました。本当に幸せな気持ちでした。電車で通っていたのですが、レオニダスの大きな花束を抱えている私はかなり目立っていたのでしょうか、みんな見ていました。でも、不思議と見られるのはいやじゃなかったです。『レオニダス』はバラの中では「大輪」に分類されるので、バラだけで作った花束でもかなりのボリュームが出るのです。『レオニダス』も『テディベア』も売値は1本400〜500円はしますので、自分ではなかなかまとまった数は買えないですしね。。いつか、自分の庭で育ててみたいと思っています。。。

私の店では、この2つのバラは定番で、毎週入ってきていましたが、近くの花屋さんに行ってもまず売ってません!久々に買おうと思っても、いざとなると簡単には手に入らないものですねぇ。。(-"-)

| flowers | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0)
2006 07.02Sunday
薔薇−Alice(アリス)
alice
私が社会人として初めて携わったのが、「花」の仕事でした。。


実は、私は某大学英文学科卒なのです。。高校までは、「英語は誰にも負けない」自信がありました。
しかし、大学に入った途端、周りには帰国子女がいっぱい!!みんな英語ペラペーラです。そこで、やっと気づきました。。私が得意だったのは、あくまで『受験英語』(文法が分かっていて、語彙さえあればOK!)だということに。。急に自信がなくなり、大好きだった英語の勉強もちょっとずつ苦痛に。。最後には「外国人(外国人講師)恐怖症」になっておりました。。

就職するに当たり、英語はムリだ、と痛感しておりましたので、とりあえず興味が持てそうな仕事に就こう、と大学での勉強とは一切無関係の「花」の仕事を選んだわけです。(仕事の内容なんかはまた別の機会にでも。。)

今は花を触ることもほとんどない、潤いのない生活を送っているわけですが、やはり花自体は好きですね♪
新しい品種がどんどん出てくるのが、とても面白いです。たとえば、一口に「薔薇」と言っても、品種は2万程あると言われています。今日は新しい品種はどんなのがあるのかと思っていろいろ見ている時に、衝撃を受けたものがあったので、その薔薇の話。

その薔薇は、「Alice」と呼ばれています。写真を見て、「ええええー??マジ??」って思いました。なんと、花びら1枚1枚すべて色が違うのです。(写真を載せておきます)「そんなことがあっていいのか??」とかなり動揺しました。。いったい、どういう交配をするとこんな薔薇ができるんだ??人間にそんなことができちゃうの??など、一瞬にしていろんな事を考えてしまいました。しかし、説明を読んで、「あー、やっぱり。。。」と納得。

オランダから輸入しているというこの薔薇「Alice」ですが、「Alice」というのは品種名ではなく、商品名、とでもいうのでしょうか。。『染色』された薔薇でした。。薔薇に「色を吸い上げさせている」んですねー。でも、1枚1枚くっきりと違う色に仕上げるのが、すごい技術なんだそうです。。

あー、びっくりした。。でも、やっぱり、ナチュラルな色が良いですね。。この「Alice」レインボーローズと言われているそうで、虹色です。人工的すぎます!

「青い薔薇」を作るのに、世界中の園芸家が苦労を重ねている訳ですが、現存する「最も青い薔薇」ですら、「青」ではありません。「紫」なのですねー。その、最も青い薔薇というのが「青龍」という品種で、「薄い空色」なんだそうです。。(見たことは残念ながらないです。。)

こうしている間にも、品種改良と交配を重ね、どんどん魅力的な薔薇が生まれているのでしょうか。。もちろん、2万品種すべてを知っているわけではありません。「花」の仕事をした3年間で出会った薔薇ですら、何種か分かりません。でも、花の付き方、咲き方、頭の大きさ、色、花びらの質感。。すべてが薔薇の魅力です。私が一番面白いと感じるのは、品種名の由来ですね。。私の一番好きな薔薇、の話はまた今度します。。

今日は切花の図鑑なんかも広げてみたりして、久しぶりに自分の好みの花を買って活けてみようかなぁ?など、「花屋さん」だったころのココロが蘇ったような感じです
| flowers | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0)
2006 06.30Friday
合歓の木(ネムノキ)★
nemunoki
今日も暑かったですねぇ。。晴れ奈良は30度越えました!この時期のチャリンコ生活は、なかなかのもんです!

この暑い時期、チャリンコでふらふらと坂道を下っていると、左手に見える気になる木がありました。。結構大きな木なのですが、ピンクっぽいふわふわっとした花が全体に付いていて、遠くから見ると何ともきれい。。ぴかぴかふわっとしたポンポンのような花だったので、オーストラリアのワイルドフラワー・ボトルブッシュかその仲間かな??と思っていたのです。

毎年、しかも数ヶ月にわたって花を付ける木であるにもかかわらず、一度も近づいて見たことがありませんでした。そしてとうとう、今日は時間もあったので近づいて見てみることにしたわけです。。じっくりみると、ボトルブッシュじゃないなぁ。。っていうのは分かりました。葉はギザギザしていて、花は細くて淡いピンクの毛のようなものが何本も出ています。。しばらく眺めていましたが、家に帰って調べようと思い、携帯で写真を撮って帰りました。携帯

植物図鑑なんてないし。。webかぁ。。しかし、名前は分からないし、どうやって検索するかなぁ。。ひやひやと考えながら、ワイルドフラワーの線から洗ってみることに。。どのページを見ても、花は似てるけど葉が違うねんなぁ。。しょうがないので、植物園のサイトで夏に見ごろの花、ってことで片っ端から見ていったわけですが。。。ありましたぁ上向きおお、これやこれ!『合歓の木(ネムノキ)』でした。名前しか知らなかったけど、これが合歓の木なんやぁ、となんだか妙に感動してしまいました。(写真見てください!)

調べたところ、暑い日差しを避けるように夕暮れから花を開き始め、翌日の昼過ぎまで咲き続けるらしい。そして、葉が夜になると閉じあわせ下向きに垂らすのがまるで眠るようなので「眠りの木」、これが「ねむの木」になったというのが名前の由来のようです。さらに興味深いことが。。『昼間でも突いたりして刺激を与えると嫌がって葉を閉じますから、優しく扱ってあげてください。これは植物学的には「睡眠運動」と呼ばれるもので、「葉枕」という葉の付け根部分の細胞が夜と昼で膨圧が変化するためにおこります。』と書いてありました。。ココロの中で『へぇボタン』を押し続けてしまいました!『満へぇ』です!この睡眠運動に関して、日光や気温と葉が閉じる角度の関係をレポートにまとめたものまでありました。。ちなみに英名は「silk tree」と言うそうです。ぴったりの名前です!!ちなみにマメ科らしいのですが、見た目は全くそうは見えません。しかし、種子が鞘に入っているので、やっぱりマメなんやぁ。。[:ふぅ〜ん:]と。

社会に出て初めて就いた仕事が「お花屋さん」なんです。3年ほど勤めましたが、花の名前や色の組み合わせ、鉢植え植物の育て方や特徴などを必死で覚えた3年間でした。最近はあまり花を触る機会がないのですが、どんどん新品種が出てくるので、とても面白いです!にもかかわらず、合歓の木を見たことがなかったのはちょっとハズカシイですが。。たらーっ今度は、はっぱを触って、『睡眠運動』が起こるかどうか実験してみようと思ってますチョキ



| flowers | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0)